看護師さんと言えば、やっぱり感謝される仕事!

看護師さんと聞いてはじめに思い浮かぶのは、ナースの白衣姿。昔は「看護婦」なんて呼ばれてましたが、今は男性の方もいるそうで、看護師、なんですね。

看護婦と呼ばれる職業が、看護師と呼ばれるようになったのは、2001年に「保健婦助産婦看護婦法」が「保健師助産師看護師法」改定されたことにより、2002年3月から男女ともに「看護師」という名称に統一されたのだそうです。

こんなところにも男女雇用機会均等、ジェンダーバイアスをなくそうという動きがあるのですね。(スチュワーデスではなく、フライトアテンダントと呼ぶように航空会社各社が方針を変えたのと同じ話ですね。)話を看護師さんに戻します。

筆者は小学校2年生の時に肺炎で入院したことがあるのですが、その時に、一人で不安だった時にとてもやさしい看護師さんにたすけてもらったのを覚えています。そんな看護師さんになりたいという人は多いのではないでしょうか。

少し調べてみるとわかりますが、看護師さんの年収はそれほど高くありません。それでも看護師さんになりたい人が多いというのは、やはり人の役に立ちたい、感謝されたい、というような、感謝欲求や承認欲求があるのではないでしょうか。

また、ナース、看護師を扱ったテレビドラマや映画、マンガなどの作品も少なくありません。「ナースのお仕事」「おたんこナース」「ナース・ステーション」など、その名の通り、医療現場での看護師の奮闘ぶりや命の現場のドラマを題材にしたものです。

こういった作品群も、看護師になりたい人、看護師に憧れる人を増やすことに貢献しているのではないでしょうか。
その為か最近は病院の数も増え、看護師の求人情報もたくさんありますよね。

託児所付き求人看護師※自分の条件に合った転職先を見つける

このように、託児所付きの病院もあったりして、ママ看護師にも嬉しくなっていますね。

今後は、日本の移民政策が方針転換をすることによって、フィリピン人看護師など、外国人労働者も増えるのかもしれません。